ものづくりの魂!

12月19日(水)に棟上げした新築現場です。

棟上げしてから昨日、今日と雨が降っています。

今週はずっと天気が悪い事は、天気予報で分かっていたので棟上げ後、全員で夕方の暗いなか、ブルーシートで家をすっぽり包み込みました。

懐中電灯で照らしながら、足場の悪いところで10m×10mのブルーシートを引っ張るのです。

非常に危険な作業です!

安全管理上、してはいけないのかもしれません。

これを見て笑う建築会社もあるのかもしれません。

しかし雨が降ると分かっていて、お客様の大切な家をほったらかして帰れる人に、いい家が造れるのでしょうか?

棟上げで疲れて早く帰りたいだろうに、大きな声で確認をとりながら必死に動く職人に感動し、とても誇らしく感じました。

カタログや設計図だけでは、高性能ないい家にはなりません。

設計図どおり。いや、それ以上の品質を作り出すのは現場で働く職人達です。

本物の価値ある家を造るのは、ものづくりの魂です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です