遮熱・断熱工法

HOME > 工法 > 遮熱・断熱工法

■遮熱工法 真夏、屋根の温度は80度に

宇宙服の技術を応用した遮熱シートで室内を快適に保ちます。

img20

夏は太陽の輻射熱を反射し、冬は熱の発散を防止することができます。 

太陽からの光は躯体や断熱材に熱をもたせ、室内へ輻射熱を放ちます。輻射熱とは遠赤外線のことで、どんな断熱材もゆっくりと熱を伝えてしまいます。これにより、室内の温度が上昇していきます。その輻射熱をを反射することで室内の温度上昇を防ぐのが遮熱シートです。平原ホームは屋根と外壁に遮熱シートを使用し、快適な室内環境をお届けします。
img22


■断熱工法 断熱材でこれだけ違う

構造材との隙間がないので
断熱効果にロスがありません。

img32

断熱効果が高くロスのない
発泡ウレタン吹付け方式。 

従来の繊維系断熱材は現場の施工部分に合わせてカットし、貼っていくため細かい部分に隙間ができてしまうことがありました。平原ホームで採用しているウレタンフォームは現場で発泡し、吹付け施工する方式です。細かい部分にも隙間なく充填でき、接着性も高いため安定した断熱効果を得ることができます。